コラーゲンペプチドとは?どういうもの?

コラーゲンペプチドとは

 

コラーゲンペプチドとは「低分子コラーゲン」とも呼ばれるもので、酵素でゼラチンを分解し、より細かくしたものを指します

 

コラーゲンペプチド

ペプチドもコラーゲンも、アミノ酸の組成についてはほぼ同じです。どこが違うかといえば分子量です

コラーゲンの場合

 

アミノ酸がいくつか鎖のようにつながり、三重らせん構造になっています。コラーゲンは分子量が約30万から36万ほどで、熱によってコラーゲンのらせん構造が解けている状態のゼラチンは、数万から数十万にもなります。

コラーゲンペプチドの場合

 

ゼラチンを酵素で分解し数百から数千ほど。コラーゲンペプチドには、加熱や冷却を加えても変化しにくいという特性があるので、サプリメントや飲料に使われることも珍しくない

 

コラーゲンペプチドの効果・効能について

普通のコラーゲンも、口に入れればその一部がコラーゲンペプチドとして体内に吸収される、とされています。しかし、コラーゲンペプチドに関しては、元々ペプチド化されていますので、普通のコラーゲンよりもさらに吸収されやすく、体に効果が出やすいとされています。

 

コラーゲンペプチドを飲用する事で

 

コラーゲンペプチドの効果

繊維芽細胞が活性化し、新陳代謝が促進!その結果、コラーゲンおよびヒアルロン酸が増え、肌の潤いがアップする効果が期待できます。また潤いだけでなく肌の弾力性も高まるなど、色々な美肌効果につながります

 

全身について新陳代謝が良くなるので、肌に加えて骨の代謝や髪の代謝が向上し、さらに脂肪蓄積を抑制する効果が期待できます。

  • 肌の潤いがアップする効果
  • 肌の弾力性も高まる効果
  • 色々な美肌効果
  • 骨の代謝や髪の代謝が向上
  • 脂肪蓄積を抑制する効果

などが期待できます

 

コラーゲンペプチドの副作用はある?

基本的に、現段階ではコラーゲンについての副作用は特に報告されてはいません。

 

やみくもに摂取しないように注意

しかし、どの食品にも言えることですが、過度に摂取し過ぎると体調に影響する可能性が考えられます。今の所、目安となる摂取量は明確に定められてはいませんので、やみくもに摂取しないように注意しましょう。

アレルギーについては注意が必要

コラーゲンペプチドは、もともとゼラチン由来なので、ゼラチンアレルギーの方はアレルギーの対象になります。

 

コラーゲン製品には、コラーゲンと一緒にグルコサミンが配合される場合が多くなっています。

 

グルコサミンはエビやカニアレルギーの対象になります。

  • ゼラチンアレルギーの方
  • エビやカニアレルギーを持っている方

摂取すると危険なので控えましょう

 

コラーゲンペプチドは食品からも取れるの?

体に吸収しやすいコラーゲンペプチド、食品から取れるのが疑問に思われることでしょう。実は残念ながらそれは無理なのです。というのはそもそも体に吸収されやすいように加工されたものがコラーゲンペプチドだからです。

ゼリーはダメなの?とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません

実はこれもコラーゲンを熱処理して体内に吸収されやすい形にしたものなので大丈夫です。

 

ただ健康食品は毎日継続して摂取するのが基本

 

コラーゲンゼリー

ゼリーをおいしく食べて美容によい生活をしてもいいですが、それ以外の糖分などが気になる所。それに毎日食べ続けることで味に飽きてしまうかもしれません。それに外出先でも食べたいとなると、ゼリーは常温では溶けてしまうので携帯には不向きなのです。

コラーゲンペプチドならニッピコラーゲン100

ニッピコラーゲン100

コラーゲンを効率よく摂取したいならやはりコラーゲンペプチド配合の健康食品しかありません。でも色々なものが出回っていてどれにしたらいいのか目移りしてしまうという方が多いでしょう。そんな方におすすめがニッピコラーゲン100

 

スプーン1杯で5000mg

純度100パーセントのコラーゲンがスプーン1杯で5000mgも取れるのです。これを錠剤で例えると34粒も飲まないといけない、それほどの量が含まれています。そうなると気になるのがカロリーです。これだけ高配合となるとカロリーも高いのではと考えるのは当然

 

でも大丈夫です。わずか17kcalと低カロリーなので、カロリーを気にしている方でも安心して摂取できます。白い粉状なのでヨーグルトやコーヒーなどに溶かして飲むだけと飲み方も簡単

 

 

>>ニッピコラーゲン100の口コミ TOP